2023年01月16日

情熱というやる気


やっぱり最後は情熱だなあと。


しかし小学生(456年生)たち対象のワークショップ時、質問の答えとしては、やはり4年生の子はポカンとしているので

「そうだね、情熱ってよくわかんないよね。情熱っていうのは‥‥やる気のこと。やっぱり最後はやりたーいってやる気が湧いてくるかどうかが大事なんだよ」


情熱って言葉は、基本良いものとしてポジティブに受け止められている。ただこのやる気も、精度とも言える量で計れる気がします。情熱の量が多い少ないと。

そして何をやるにも情熱は必要だろうと。

たとえ恋愛をするのにも。

恋ひとつも、恋心が湧くまでは自然発生だとしても、それを成就からの付き合いへともっていくなら、大量の情熱が燃料として内在しないと無理だろう。「好きだけど‥ま、いいや」みたいな。

食事もお喋りも、お風呂も掃除も、通勤も仕事も、とにかくあらゆることに情熱は必要だ。

人生生ききるための燃料だろうから。

そして、なんて素敵な燃料なんだらうとも思わされる!

posted by take at 18:55| 活動報告