2022年10月20日

全ての人に都合


とある文章から‥


人それぞれに役割と都合があることを認める

全ての人が自分の役を演じている

すごい人やそうでない人の役はその人たちに任せて、自分は自分の役に集中するべき

自分の今の役目を認めなければ先へは進めない。今の状況に目を背けていては何も変わらない

自分を否定したり、自分が崇められるべき何者かだと思っていると、いつまで経っても今の自分を見つめて肯定できないので、理想ばかりで、現状において前へ進んでいくことができない

人がやることには、その人なりの理由がある。自分の常識では理解できない理由だとしても

他人がとった行動に対して、いいの悪いの判断をせず、賛成も反対もせず、感情的にならず、都合があるのだと認める

他人をどう思ったとしても、その思ったことこそが自分の都合

人それぞれに都合があることを認めると、感情的になったり、腹を立てたり悲しくなったりすることが無意味なことに気づける

posted by take at 16:22| 活動報告