2022年10月17日

スライディングは正確に!


「正確なスライディングをしなければならない」というのは、トロンボーン奏者も野球選手も一緒。間違ったスライディングをしたらアウトだ。

まず呼吸法から教える教師は多いと思うが、僕はとにかくスライディングから。これが正確にならないと、音のフォルムはじめあらゆることに悪影響が出てくる。逆に言うと、スライディングが正確になることによって整ってくる部分も多い。

そんな「スライドの動かし方」だが、生徒たちを「うまくできている人」「うまくできてない人」とカテゴライズして見つめていたのだが、ちょっと待てよ‥と。

よく観察すると、これはマルバツではなく精度の話しだなあということに気づきました。

実は自分自身曖昧になっているときがある。これからは徹底してチェックをしたいと思う。

とあるレッスンで「スライディングをとにかく正確に!意識してごらん」と言うと、音まで良くなったことがある。頭の中のやりたいこととスライド、そして出てくる音は合致しているべきで、ギャップがあるとあらゆることに影響が出てくることを自覚した、そんな瞬間もあったのです。

posted by take at 19:54| 活動報告