2022年06月14日

落ちこぼれを出したくない


僕はできうる限り横並び教育ではないものを目指しつつも、落ちこぼれを出したくない気持ちが強い。

大学に楽器を学びにくる若者のスキルはまちまちで、それぞれ抱えている問題もバラエティだ。20年以上研究をしてもまだなお、なぜそうなるのか、なぜできないのかがわからないパターンも山のようにある。

しかし「できる理由」「できない理由」というのは必ずある。絶対端的に表現して箇条書きにできる原因というのはあるはずなのです。

「いやあ吉川さん、学生が不真面目で練習しないだけですよ」「そもそもそそこまで好きじゃないんですよ」「どうやったって根気がないだけですよ」「性格性格!」「才能才能!」と言われても、そのことにも原因があると考えています。


僕自身にも「時間をかけずに出来たこと」「時間がかかったが出来たこと」「今なお出来ないこと」その全てになぜそうなのかという理由があるはず。

僕の教育というのは、自分含め学生全てが抱えているそんな「理由」を理解する旅なのです。


よく吹ける学生が「なぜ既にそう吹けるのか」、そして吹きあぐねている学生が「なぜそれが出来ないのか」を正確に理解し、それをまとめ上げることこそ

「トロンボーンを正しく吹くためのバイブル」

になるわけで、その集大成としての完成を夢見ています。


最初に書いたように学生たちの持っている問題は様々で、そこに対して過去の症例から得たパターンを提案し改善されるならいいのですが、そうならない場合、やはりその原因の究明が必要になる。

更に「なぜそうなるのか皆目わからない」というような、激しい違和感もあったりする。これは「僕自身がなぜ自然に出来たのか」と同じくらいくらい解明が困難だったりする。

医療の世界における、治癒を克服できている病とまだ研究途中にある病、更に完治は困難な病が混在するフィールドというのと全く同じ。

それでも全ての症例に必ず原因と言える理由があり、それの理解から「自由に吹けるようになる道」という完治への可能性を、自分自身が解りたいのです。


僕が一人も落ちこぼれを出したくない理由というのは、そういう理由からです。
    

posted by take at 10:47| 活動報告