2022年06月07日

日常の中の刺激的な音楽時間


実は私たちが理解できていることではあるのだが、人生の時間は限りがある。一日の24時間だって、それ以上の長き時間ではない。意外とあっという間に終わったりする。

私たちに与えられている時間は、永遠ではない。


そのうちのなるべく長く、美しい音楽の響きからインスピレーションを受けることができたらそれに越したことはないとよく思う。そんな刺激が、自分の演奏をして変えていくだろうから。

自分の状態もまちまちなので、美しい演奏を聴く度に同じように新しい感動があるとは限らない。

それでも聴く音楽次第では、感情の差が一定に整う時もあるくらい、セラピーに近い力すらあったりする。


大音量でのイヤホンの使用は難聴への道であり神経質になってしまうことも多いが、それでも音量をコントロールしながらなら、様々なシーンで自由に音楽が聴けるのは物凄くありがたいことだ。

とにかく人生の時間がもったいないことにならないよう、日常の中にもっと美しさの刺激を多く宿したい。

posted by take at 21:33| 活動報告