2022年04月28日

うに丼食べたい


ふと思い出した話ですが‥

ある北海道出身の人が、婚約者と道内をドライブしていました。

その日の昼食は、海岸通り沿いで食べられるはずの「うに丼」と決めていたそうです。

「この先右、うに丼」という看板を見つけ、次の角を右折。少し走ると、民家風の建物の庭で、うにを洗うおじさんがいたので「うに丼食べられますか?」と。

「大丈夫だよ」という返事なので、そのまま庭に駐車し入店。

「かなりの民家風だなあ」


「奥へどうぞ」と案内されるまま、居間のような部屋へ。

「待っててな」という老夫婦からの言葉をもらい、しばらくまったりと。


しかしある瞬間、二人で同時に気づいたのだそうです。

「こ、ここ店じゃない!」


そう、民家風のうに丼屋ではなく、本当に民家だったのです。

勘違いしたことを伝えたのですが、「どうぞどうぞ」の言葉に甘え恐縮しながらいただき、お金を払おうとしても受け取ってもらえず、何度もお礼を言いながら、そこを後にしたそうです。


微笑ましくも美味しく、そして老夫婦の優しさが素敵なエピソードでした。

posted by take at 19:10| 活動報告