2022年04月25日

日本の昼下がり


お酒が自由に飲めたのがある年禁止に、そんな学園祭の過渡期。

まだまだグレーゾーンが幅をきかしていた時代ということもあり、裏でアルコールが出回っていた。

販売族は実行委員会から目をつけられ、ブラックリスト入り。実行委員テントの目の前での強制出店となり、間をおかずしてクリーンになってしまったのですが


店は普通の焼き鳥店だが、裏メニューでアルコールが売られており、お酒好きな教授たちもそれを利用という、なんともゆるゆるな時代でもあった。

そのときのやりとりとしては

「あのう‥‥あるって聞いてきたんですけど」

「‥‥ありますよ」

「な、何があります」

「そうですね。

まず大人の麦茶ですね。で、大人のぶどうジュース。これ、赤ぶどう白ぶどうあります。あと日本の名水もあります。名水はあったかくした日本の名湯もできます」

「あの、芋‥‥」

「ありますよ!どのようにしましょうか?氷?水?焼き鳥とセットにしますか?」



家人と「お茶しよう」とお洒落なカフェに。天気が良く気持ちいいので、テラスでと。

なににしようかな?オレンジケーキと、アイスティーかなあ‥

「わたし、恵比寿ビールにする」

「えっ⁈あるの?‥‥ほんとだ。じゃあ僕もビールとケーキだな。へんな取り合わせだけど」

まったりとした時間が流れる昼下がり、合法的に美味しいビールを飲みながら、ふと20年近く前の学園祭が頭をよぎるのでした。

posted by take at 09:48| 活動報告