2022年04月24日

本物の音


最近「本物の音」というワードが、頭にずっと引っかかっている。

ある名手と、若い世代のことを話しているときに聞けた

「いい音なんだけど、本物の音じゃないとオーディションはね‥」

というコメントが、残っているのです。


そうだよなあ。

一線で求められる音って、やっぱり音の立派さ、響きやレンジ、魅力がある点に到達してないとダメだしなあ。

そこそこいい音はあちこちにある時代だから。

それを「本物の音」と表現したのが、僕の中で必要なワードとして今後の分岐点になるような出会いだったのかもしれない。

学生たちを卒業までになんとか「本物の音」に到達、もしくはできるべき道筋へと導くことが、何よりの目標になりつつあるからです。

posted by take at 09:16| 活動報告