2022年04月19日

なんこやルフト


なんこやの駅に降り立ち、マスクを外してみる。


明らかに空気が美味い。


上質な酸素が鼻から入り身体を巡ることで、自然と浄化されることがある。


嗚呼、これこれ。これが必要だったんだ。


なんこやに通い始めて22年。

そこで教えられることの有り難さをしっかり感じながらも、道のりが遠いことを有難がったり喜んだことはない。

しかし考えてみたい。

もしここに通わなければ、演奏旅行でもない限り、本当に都心をうろうろだけが日常の大半という人生になっていた。

その空気しか吸ってこなかったとしたら、今より不健康な身体になっていたのかもしれない。


そうまで思えるほど、コロナ禍のマスク外し@なんこやは気持ちいい。


それでも前から人が来たら付けてしまう、なんとも気にしぃの日本人なのでした。

posted by take at 13:54| 活動報告