2022年04月16日

楽譜プラスマイナス


楽譜に足すのはいい。書いてないことをしても構わない。


しかし楽譜に書いてあることを引くのは、基本NG。

基本というのは、ミスプリはもちろん、場合によってはお化粧を超えて整形までした方が良い場合もたまにあるから。

音量バランスをとるためにダイナミクスを変える時なんかそう。まず書いてある記号を取ってしまい、新しいものに変えることになる。

そういう場合以外では、実は楽譜の記号は全て尊重した上でアゴーギグやニュアンスを盛り付けていくべきだ。


posted by take at 17:05| 活動報告