2022年04月10日

自分の選択を喜ぶ


過去の選択を悔やむように思い返すのって、とても残念なことですね。

逆に「あのとき、ああ選択して本当に良かったなあ」と思えるなら、こんなに幸せなことはない。

そのおかげで今が上手くいっている、違うパターンじゃなくて良かったと思えるからで、それは幸運という言葉で現在の幸せを感じまくっていることになるから。


もちろんそう選択できた自分の聡明さに酔うこともできるが、やっぱり継続してきたスタンスを容認したり、応援したり、なんなら目を瞑ってくれていたりする周りの力は大きい。

その周りの力を導き出すのは何より、熱心に継続し、誠実に開拓する自分の姿勢にほかならない。


もしそれができたなら、多少一般的ではないことでも、

「嗚呼、あのときこれを選び、こうやってきて良かったなあ」

と心から思えるのでしょう。

posted by take at 18:51| 活動報告