2022年04月03日

最高な自分


とある偉大な演奏家(A氏としましょう)。彼をリスペクトする人はとても多い印象。

なにかと意識し、同じ道具を使ってみたり、練習方を取り入れたり。

ただその状況をまた別の名手が評して


「みんなA氏を目指しているが、A氏を超えようとする人はいない」


と。これまたたしかにそういう印象。


そう思っていたら、ローランドが

「去る者追い越せ」

と言っている。


これはある意味真理で、ここで言う去る者とは、自分より年上の人たち、前時代を築いた人たちは、どんなに偉大であっても追い超す存在だと言っているように見えます。


憧れは大事だが、やはり自分のやり方こそが自分の最高を導き出し、最高な自分を作るのでしょうから。

posted by take at 18:56| 活動報告