2022年04月20日

「楽譜の通り」の価値


「学生たちは音楽大学で、なにを学びなにを求め鍛錬していると思いますか?」という質問を、音大に関わりのない人に聞いたとする。

「自分のしたい表現を極めようとしたり、高い技術や、更なる素晴らしい表現を目指して‥」などと答えるのではないだろうか。


決して意地悪ではなく、そんな人に「何気に楽譜に書かれている通りに演奏できるようにということに、時間を割いてたりするんですよ」と言うと、彼らは驚いたり軽蔑したりするかもしれない。

アマチュア奏者なら「それなら僕らでもやってますよ(レベル低くないですか?)」と言いそうだ。

しかし「それなら」と、本当に楽譜の通りに正確にと要求したらどうなるか。

音程、リズム、ダイナミクス、アーティキュレイション、音のフォルム‥

それは何百時間かかっても実現するのが困難なくらい、途方もなく難しいことだったりする。


学生たちは決して楽譜の通りに演奏しようとしてないのではない。しかし結果的になってないだけでなく「楽譜の通り」に対する欲求ボーダー、要求ボーダーが低くなっていたりする。

それは何故か?

客観視能力、自己観察力の低さももちろんある。

しかしそれ以上に、

「本当に楽譜の通りに正確に再現できたなら、相当素晴らしい表現になっている」

ということを知らないのだ。

というか「え?そんなこと」と言うアマチュア奏者と同じ気持ちで、潜在的に「楽譜の通りだけだと大した表現ではない」という価値観すら持っていて、それ故に「正確を求めること」に対し盲目になってしまいがちになっている。


いやいや、楽譜のとーーーーーーーりにきっちりきっかり正確に吹けたなら、それはもう相当素晴らしい表現が実現できているのです。



もちろんそこがゴールではない。

それを超えた表現こそ、更なる賛辞と共に求められたりする。

しかしそれは正確な楽譜に足されて初めてなされるインスピレーションであり、もし引かれている(到達していない)のだとしたら、聞き手の喜びには決して貢献しない。

それは何より不安定に聞こえるだろうし「わかりにくく」なっているからだ。


私たちの目の前にある記号は、明確明瞭にその通りに正確に再現されて、初めてわかりやすいというゼロ地点に立てるのだということ。そのゼロ地点が既に素晴らしい表現になっているのだから、その価値はなにものにも変え難いのだと、音楽大学に通うものこそ心底理解したい。

posted by take at 14:40| 活動報告

2022年04月19日

なんこやルフト


なんこやの駅に降り立ち、マスクを外してみる。


明らかに空気が美味い。


上質な酸素が鼻から入り身体を巡ることで、自然と浄化されることがある。


嗚呼、これこれ。これが必要だったんだ。


なんこやに通い始めて22年。

そこで教えられることの有り難さをしっかり感じながらも、道のりが遠いことを有難がったり喜んだことはない。

しかし考えてみたい。

もしここに通わなければ、演奏旅行でもない限り、本当に都心をうろうろだけが日常の大半という人生になっていた。

その空気しか吸ってこなかったとしたら、今より不健康な身体になっていたのかもしれない。


そうまで思えるほど、コロナ禍のマスク外し@なんこやは気持ちいい。


それでも前から人が来たら付けてしまう、なんとも気にしぃの日本人なのでした。

posted by take at 13:54| 活動報告

2022年04月18日

偉人を知る


音大生が自分の楽器の名手に対する知識が無いことを嘆く人あり。

特に現代の表現やレベルに対する貢献をしたであろう過去の偉大な奏者の名前も知らないというのは、最近よく聞く。

モーリス・アンドレを知らない。ブレインを知らない。ランパルを知らない。ブルクを知らない。

トロンボーンのプレイヤーはもっと数が限られているがまるで知らない、みたいな。


ただYouTubeにあがっている動画、それが誰かよくわからないような人でも、最近よく見られてる、アクセスの多い演奏は知っていたりする。演奏家の名前はわかってないが‥‥


明らかに時代の空気感は変わった。

しかし変わってはいけないことはある。

これからの若者は、世界史における歴史上の人物を習うみたいに、抑えておくべき演奏家はきちんと習いうことが大事になってくる。

そしてなによりも、その人たちが今より不毛な世界に突然変異のように登場し、なにをどう表現したから素晴らしかったのか、それを理解することこそが必須だろう。

そうすれば、技術が発展しまくった現代においても、その偉業が金字塔のように輝くことに気づけるだろう。

実はそのポイントこそが、最も大事だったりするのだから。

posted by take at 13:46| 活動報告

2022年04月17日

アップダウンの意味に対する貪欲さ加減


アップボウで弾くのかダウンボウで弾くのか、弓順なのか、それが決まること、それに従い弾くことが大事なのではない。

なぜそこがアップなのか、なぜそこがダウンなのか弓順なのか、それが求められている全体の表現に対して整合性があることが理解でき、その上で確信と自信を持って弾くことこそが大事。

そのためには、定番であろうがマエストロの指示や流れの関係でイレギュラーであろうが、そこがなぜアップなのか、なぜダウンなのかを感じよう、理解しようとすることこそが最も大事。

ボウイングがどうなのかと決めることだけに意識が集約してしまっては、そこで問題意識は停止してしまうだろう。

決められたことに従おうという気持ちだけで取り組んでは、完全に思考が止まるのだと思う。

posted by take at 13:33| 活動報告

2022年04月16日

楽譜プラスマイナス


楽譜に足すのはいい。書いてないことをしても構わない。


しかし楽譜に書いてあることを引くのは、基本NG。

基本というのは、ミスプリはもちろん、場合によってはお化粧を超えて整形までした方が良い場合もたまにあるから。

音量バランスをとるためにダイナミクスを変える時なんかそう。まず書いてある記号を取ってしまい、新しいものに変えることになる。

そういう場合以外では、実は楽譜の記号は全て尊重した上でアゴーギグやニュアンスを盛り付けていくべきだ。


posted by take at 17:05| 活動報告