2020年07月03日

失敗の真実


成功ばかりを繰り返した人は、本人がどんなに注意してても、慢心し不遜になる可能性が高いと思います。

成功体験が悪いのではなく、失敗体験がない、もしくは少ないことが大きな問題。本当に失敗することは大切だと思う。若いときは、どれだけ失敗できるかは、その後の人生に大き過ぎる影響があるだろう。

失敗から学ぶことで価値観や言動が盤石になっていくわけで、外付けの知識には限界があり、やはり経験からの学びに勝るものはない。

ただ、誰しも失敗は嫌なもの。避けて通りたいから「失敗ウエルカム」とはなかなか思えない。

そんなイメージになってしまうのは、自分の通信簿的に感じてしまい、その成績のは悪さに傷ついたり凹んだりしてしまうから。それをチャンスにしプラスに転じられないのは、ひとえに傷つき凹む以外に何も自分の中から湧き上がらないから。

人生の達人になっていく人は、必ず原因を探ったり強引にでも理由づけをし、更なる実験から成功の方向へと向きを変えていく。

そして失敗体験こそが成功体験への道だと本能が理解していき、ポジティブな冒険者へと完成していくのだと思います。


失敗の真実とは「傷つき凹むだけにとどまるな」ということの理解こそが、教えてくれるのではないでしょうか。


posted by take at 21:17| 活動報告