2020年02月26日

実は効果的


アマチュアの方からの質問で一番多いものは「週末しか吹けないのですが、何かいい練習ありますか?」というもの。

僕はプラクティスミュートを勧めたことはありません。これはあくまでも緊急時に利用するイメージ。最近は、通常の練習の合間にトレーニングパターンとして取り入れてる人も。

僕がこう書かなくても皆さんわかっていることですが、プラクティスミュートでずっと吹いていると、明らかに調子を崩します。本当に臨時か、意味のある練習に道具として使うか。


「でも、家では(マンションでは)絶対吹けないので……」


午前中の割引サービスを利用しカラオケボックスでさらう知り合いは、7時代から吹いてることも。早朝マラソンみたいなものか。

そんな皆さんに、最近の僕も実践している練習を。それは


「近所にもれないくらい小さい音で、あらゆる練習をする」


僕は、沖縄はじめ地方のホテルで実際やっています。


「そこまでの小さい音出ません」

なら、それが問題です。出るようになるよう練習しましょう。テレビをそれなりの音量でつけ、それより小さい音で吹く。


「そんな小さな音で、練習になるんでしょうか?」

なるどころか、物凄く良いトレーニングです。実は普通に吹ける環境でも、必ずやるべきです。


「大きな音出なくなるんじゃ」

んなわけない。それどころか、大きな音出るようになります。


騙されたと思って月曜から金曜の朝、5分から10分さらって週末を迎えてみてください。プラクティスミュートなら吹き方がおかしくなっているでしょうが、普通に最小音量でさらったなら、普段より凄く良い音がでるはずです。


政府からのあらゆる発表で、しばらく自宅にいることになるだろう人たちの中には「じゃあ楽器吹きたい」という人もいるでしょう。

是非お試しあれ。


休日

posted by take at 18:44| 活動報告