2020年02月15日

音楽に連れ去られる


昨年から、伊藤蘭さんが歌手として復活し、コンサートツアーを行っている。

65才になった復活アイドル歌手。テレビで見る限り、キャンディーズ時代と変わらない魅力に溢れていて、ファンを惹き付けて止まないのは、ノスタルジーだけでない現役としての努力と美意識がはっきりと充満しており、とても輝いて見える。

インタビューをうけるファンの方々も、ランちゃんの美貌や歌のみならず、1人の人間を心から応援しているのがわかる、大人なムードがとても微笑ましい。


そんなランちゃんのインタビューの中に、シンプルだが印象に残るものがあった。


「キャンディーズの曲は歌うと息が上がってハアハアと(笑)。でも音楽が始まると、自然と惹き付けられて……」


そう、それが音楽なのだろう。

かつて演奏していたが年齢を重ね今は止めてしまった人も、それが始まると知らず知らずうちにその世界の中に連れ去られるように引き込まれ、曲が終わるまで自分の意志では脱出できず、終わったらぐったりみたいな。


ある大病をした歌手が、その病気を知るきっかけの話も同時に聞いた。

「いつもは20曲くらい歌ってもへっちゃらなのに、その日は3曲歌ったら凄く疲れてしまって……」


そう、これまた病の現実だろう。

そして、体調管理も抱えてのプロとして復活したランちゃんを、きっと充実した時間の中に進ませている音楽の現実とは、それがなり始めたら、無条件で興奮と幸せへと誘うものだと。


これからそれなりに時間が経ったときの僕にも、音楽はそうやって運命を投げ掛けてくるのだろうか。

拒む理由はないが、楽しみというよりは、そんな自分がそのときできること、そのクオリティこそをとにかく願うだけだ。

そして今日の、たった今の演奏に身を委ねることに、没頭できる自分でいたい。


N響定期練習

posted by take at 11:53| 活動報告