2020年01月31日

鳥唐揚変遷


「せんせえ、十羽ひと唐揚げって凄くないすか?物凄い量。鍋でかいんすかね??」

それ言うなら、じゅっぱひとからげね。

「???どういう意味ですか???」

自分で調べなさい……という会話があったようななかったような。


若者たちは総じて唐揚げが好きな印象。学食でも唐揚げ丼は超人気メニュー。

僕はもちろん嫌いではないが、凄く好きかというと、過去を振り返りはじめ……


なんか時期的にムラがあるんすよね。とにかく好きで好きで、「ああ、俺って鳥唐揚げ好きなんだなあ」と自覚した時期あれば、今なんかはまるでそうでもない。

ただ、長い人生いろんなタイプを食べてきたので、唐揚げならどれでもってわけではない、なんて気分になってきたことは確か。

ジューシーで身ぶりよく、ぷりぷりむにむになのはいいが、硬く揚がりしかも肉がショボいのもあったりして。

「こりゃひどいな、唐揚げって出したら誰でもなんでも喜ぶと、十把一絡げに思ってもらっちゃ困る。誠実なる素材選びと揚げ方をしなさいな」と言いたくもなるのだ。


まあ、肉の趣向が年と共に変わってきたのもあろう。

僕は若い頃から牛派ではなく鳥派だった。その後羊派に移籍し、最近は豚派になりつつあるからだ。

なんだか、かつては他の何より気に入ってたのに今はそうでもなくなったって、少々淋しい気もするが、この際唐揚げは若者に任せて、僕は一羽ひと煮あげサムゲタンを楽しむ日々にしたいと思います。


え?ブルジョア??


はい、今後はキャラ上げでまいります。


N響定期

posted by take at 15:48| 活動報告