2020年01月17日

吊り川武典


電車の中ネタをもうひとつ。

「正しいつり革の使い方」

いかがでしょう、皆さん。

立っているときに掴む、揺れて不安定になるのを防ぐために掴む、凄く混んだとき自分の身体を安定させるときに掴む、あたりですね。そりゃそーだ。

僕はもうひとつ、というか気に入っている使い方なんですが……


座っていて降りようと立つ。目の前に人がいないとき、座ったまま腕を伸ばし頭上のつり革を掴み、弾みもつけながら腕の力で立ち上がり、スマートに立ち去るように降りる。

特に開くドア側で近くに座っていて、周りが空いているときは、ぐるりと回転するように立ち上がり、そのままの流れと勢いで颯爽と降りる。

これがですね、腕から脇腹が伸びるし、リズミックスピーディーに降りれる感じが気持ちいいわけですよ。

決して人には迷惑をかけません。酔っぱらって、体操選手よろしく吊り輪ごっこをやるわけでもありません(かつてやったやつがいた)


こんなことやっているの、僕だけでしょうか………(^o^;)


レッスン、N響定期

posted by take at 21:31| 活動報告