2020年01月11日

本当の自分に会うために


女性より男の方が特にそうかもしれないが、自分ができること、出せる成果に対して、出来得る限り自分の実力、アイデア、能力で到達したいという気持ちがある。

現実的には、周りのいろんなアプローチの中で生きており、そこから様々経験し成長できたりするものだが、自分の柱になっていることなら尚更「自分の能力だけで完成したい」が強かったりする。

この気持ちこそが、我が視界を曇らせてしまうのだと、改めて自分を戒めています。


自分のスタイルや信念に対し妄信的になればなるほど、そうではないもの、対局にあるスタンス等を心の底で否定してしまう。

「あれは本物の魅力ではない」とまで思う場合あれば、「あれはあれ、あの人はあの人だけど、自分はそれは選ばない、こちらの方が魅力的だから」とか。


ただ、その見つめ方を確信だと思いながら、実は


「あれをいいと思いたくない」


という気持ちがあるのではないだろうか。

いいと思ってしまったら、今までの自分が良しとしてきたものこそを否定するような気持ちになってしまうから、敢えて蓋をしてしまっていることもあるのではないかと思うのです。


実はオールマイティーを目指す人ほど、この気持ちにやられるのではないかと。

オールマイティーだから、真ん中にいてあれもこれも認めているようだが、そんな人ほど偏りを否定する気持ちも強く、本当の自分への道筋の邪魔をし始める。


自分らしいスタイルを持ち、それを信じることは大事だし間違ってはいない。

しかし、世の中には唯一の絶対は存在しないことを認め、基本は自分を信じながらも、妄信的にならないことが


本当の本当に自分がやりたいこと


への出会いとして、必要なのだと思います。


N響定期

posted by take at 17:45| 活動報告