2019年12月02日

同じ吹き方、違う吹き方


『どんどん上手くなっていく人は、実は毎回同じ吹き方をしようとしている。

なかなか上手くならない人は、毎回違う吹き方をしてしまっている』


これは潜在意識が「過去の成功体験や失敗体験を糧にしようとしようとしているか否か」にポイントがあります。


上手くなっていく人というのは、両方共とても大切に思うのが当たり前になっている。

失敗体験からは、その原因だけ理解し抽出すれば、後は出がらしとしてそれ以上の価値は感じず忘れてしまう。

そして成功体験の快感に対する憧れか強く、毎回それを目指し、凝縮された形へと同じように吹こうとする。


上手くならない人は、これら過去の体験と、現在未来を繋げる感覚が薄い。失敗体験を忘れること自体は悪くないが、そこから学ぼうとはしなかったり、逆にその辛さを溜め込んでいき、心の中から成功や喜び等ポジティブを閉め出していき、病む人も。

成功体験も一過性で、その場で終了。どう吹けたからうまくいったのかまで考えない。

よって毎回行き当たりばったり的に違う吹き方をし、首を傾げながら足踏みをしてしまう。


実はとても重要な資質の差なのだと思います。


川越へ

posted by take at 19:44| 活動報告