2019年08月26日

吹きやすさと育ちやすさ


パイパースに、今世界が注視する若手イギリス人名手、ピーター・ムーア君のインタビューが載っている。

共感できることが多く、楽器のチョイスに関していい感じの無頓着感(あくまでムード)が出ているのも、今の僕にはフィットする。


あらためて考えたのは、彼の言うシンプルッシモなワード、「とにかく吹きやすいものを」ということ。

実は、吹きやすいものというのは「長く吹いているもの」と考えることができると思います。

ピーター君も、10才前後で出会ったヤマハをずっと使っているだけ。だからそれや、それと同じようなものが吹きやすいのでしょう。

新しい楽器を吹いたとき、「あ、これ自分のより吹きやすい」と思うことがありますよね。ただそれは、自分の楽器の吹きかた(息の量や送りかた、振動のさせかた)で新しいのを吹いている印象だというのが現実。

新しいのに変えて2週間くらいで大抵第一スランプがくるのは、新しい楽器の吹きかたに変わるからで、「最初は凄く吹きやすくていいなあと思ったのに」と自分に言い訳しても、そこでの印象がその楽器の現実。というか自分の現実。

楽器がちょっとサービス的に、新鮮さをもって自分を喜ばせてくれただけ。

そこから時間をかけて慣れていき、自分の力でこそ本当に良い音、吹きやすさへともっていかなくてはならない。

そういう意味で、長く使った楽器こそが、我が振動を知っているわけで、考え方次第で「一番吹きやすいもの」と言える。


「実は気に入ってる部分がありそれなりに使っているが、吹きにくさもある」というのは、実はその楽器に「欲しいけと無いなにかがある」ということになり、何ヵ月経っても慣れないとしたら、それは吹きやすい楽器とはならないのだと思います。


現代の楽器は、大半が最初から吹きやすい、つまりオールマイティーなテイストなわけで、バランス良く幅があり、自分さえしっかり慣れていけば問題ないものばかり。

それでも慣れないなにかがあるなら、それは自分にとっては吹きにくいもので、ある意味開拓の余地が限られているとなります。


どんなマウスピースや楽器でも、それなりに吹きやすいと選んだなら、そのポテンシャルを信じられるような人間になる。そして次にやるべきことはその道具で、自分こそを素晴らしい音が出せる息と唇に仕立てていく。

つまり、クオリティは100%自分側にあると考えたい。(数十年前は、楽器のせいでもありました)


音も演奏も、自分だけが作っていくという考え方ができるようになることが大事かと。


吹きにくいと感じることが継続されているなら、それは必ず道具に原因がある。吹きにくい道具を無理矢理「吹きやすいはずだ」との方向へもってこようとしている。

その「足りてない何か」を見ないで、全部自分が悪いと考えるのは、それこそその考え方に問題がある。



長く使ったものが吹きやすいとしたら、それと共にどんどん音を育てていきたい。そう思える道具と、長く付き合うような自分でありたい。

自分こそをきちんと育てるために。


N響オペラ練習

posted by take at 17:17| 活動報告