2019年08月16日

宴会はこれでえんかい?


僕は最近「辿り方の多様な現実の理解」の必要性を感じています………硬いのぉ。

たとえば、楽器を始めて上手くなっていく過程の環境や「こうあるべきだ」みたいな価値観も、実は世界全体の人間界においては、思っているより多岐にわたっている可能性が高いので、自分や自分の周り、なんなら日本人として良しとしていることだけじゃないことに目を向けることが大切ではないかと………硬いのぉ。


やおいやつを(^.^)


友人たちと飲んでいたときの話。ある仕事バリバリできる女性が

「こないだ海外のある国から来た方々を飲み会で接待するのがあって居酒屋予約したら、全員食事を済ませてから来たんですよ。1人一品頼めって店から言われて凄く焦って……」

それを聞いた他の人たちは、皆一様に驚いた反応。


「え〜〜?なんで食べてくるの??それ困るよね!」


ひとしきり「そりゃないやろ話」で盛り上がり、なんとなく僕のコメントへとの空気に。


「すみません、皆さんの意見に水さすつもりはないんですが……もしかしたら、薄いのから濃いのまであらゆる酒を飲みながら、たくさん料理を頼み、みんなでシェアしながら何時間も、なんなら二軒目も同じ感じでって夜の飲み会をするのって、日本以外の国ではほとんどないかもね。日本の方が特別かも」


そーなの?


「いや、全てを知ってるわけじゃないけど、まず、外食が特別な国多いよね。みんな夕飯は当然家で。だから高かったりする。大体ワンプレートにひとり分の料理、サラダからメインまで乗ってるの食べて、シェアはあまりしないの多いし、そこでワインやビールをお供に夕食食べて、更に飲みたい人は、バーに行って酒だけを楽しむみたいな。多分日本の飲み会のスタイルは、世界ではかなりの少数派なんじゃなかろか」


そっかーみたいな空気になった次の瞬間、隣の飲んべえおじさんが


「俺、日本人で良かったあ〜」


しみじみ愛国心を叫ぶ。


はいー、僕もですぅ〜〜〜


休日

posted by take at 10:33| 活動報告