2019年08月12日

逃げない


僕は生徒に「逃げちゃだめだよ」と言っています。

何が具合悪いって、逃げるのは癖になる。若い頃、大事な決断時に二回でも続けて逃げると、残りの人生、いざというとき逃げることが当たり前になってくる。


逃げる方が楽だと一瞬思うのだろう。

しかし立ち向かうことに決め、時間をかけ少しずつ努力をすれば、逃げなかったからこそ手に入り、自信に繋がり、プライドが育ち、言い訳をせずにすむことの幸せを感じて生きていくことができる。



人生、別の場面。

謝れないというのは、実は逃げていることになるのだと思う。開き直るのも。得策だと感じるのかもしれないが、実は逃げ。

逆に謝ることは、逃げることではなく、攻めることだと思います。


人生において逃げないというのは、嘘をつかず、相手を論破したり懲らしめようとせず、誠実に解決の方向を向くこと。


自分の人生の大きな選択時に逃げないことは大事だし、また必ずミスをしトラブルの当事者になってしまう私たちが、勇気をもって解決を目指すことだ。


実は誰しも、謝らなければならない場面は、人生を通して何気に多い。


それができれば、攻めの姿勢で生きていくことになり、周りの許しが私たちを救いながら、幸せへの道へと誘ってくれる。


逃げてはならない。

逃げることを選んでしまうから、心に不安が残り続けることになる。


NTTレッスン

posted by take at 17:08| 活動報告