2019年08月09日

美しき積極


荒く力まないよう、そんなつもりなくても攻撃的にならないよう、美しく柔らかく、不快に感じられるまではみ出ていかないよう………

そう特化して思いながら取り組んでいると、気付くととてもおとなしく、生気の弱い「小さなふわふわ」みたいな演奏になっている。


鼻息荒くフガフガと積極的に、意欲的に吹いていると、気付くと「実はさほど美しくない元気印」みたいな演奏になっている。

美しさはきりがないのだからそちらのベクトルへどんどん進めばいいし、求めながらずぶずぶはまればよいのは間違いないが、でも結果「小さなふわふわ」じゃやはり物足りない。


凄く考え込むと、美しさの極みと積極的表現は共存しないのかもと思ってしまう。

いや。美しくもあり積極的でもあり、そのバランスへと意識が向かうことこそ大事。


積極的な美しさではない。「美しき積極」こそが、素晴らしき拡がりを放ちたい。


合宿三日目

posted by take at 20:14| 活動報告