2019年08月06日

力士の筋肉


「大柄の人が好きだがムキムキはあまり」と言うので、「じゃあ関取は?」と聞くと、「ぷよぷよしすぎててちょっと……」とのたまったので、「ちょっと待て!」と。


それは大いなるイメージミスだ、この際、巨漢のアスリートたちの筋肉について正確に理解しよう!!

先生の教育は多岐に渡る。


あの人たちは筋肉の塊だよ。だって考えてごらん。

130キロから230キロなんて力士たち。そんな重いの、鍛えあげられた筋肉無いと動かせるわけないやん!

見た目ぷよぷよ見えるけど、そりゃ大きな身体をまとった脂肪は大量だろうが、その下の筋肉なんて、あらゆるアスリートたちの中でも凄い総量じゃないだろうか。

あんなに重いというだけで相手が自分を動かすのは大変だろうから、大いなる武器ではある。しかし同時に自分も目の前の大重量を動かせなければならないわけで、それは自分の重さだけで為せることではない。

我々か弱い金管ふきなんぞ、彼らのなんぶんの1の筋肉しか持ち合わせてなく、あるとしたら口輪筋くらい。それも喋り過ぎで。


力士たちが物凄い筋トレをし、それはそれは巨大な筋肉を装備しているのは、立派な脂肪に覆われているため見ただけではイメージしにくい。

しかしちょっと考えれば、あらゆるマッソーアスリートの中でも凄い到達点にきている人たちだとわかるだろう。


気合いと根性、あくなき夢への憧れと生き抜く力なくては持ち得ない身体なのだ。


幕内平均体重 161.2キロ
脂肪を除いた体重 108.3キロ

逸の城関の太ももは一般男性の胴以上、97センチもある筋肉の塊とのこと。


力士の人となりのイメージ自体変わりますね。


吹奏楽指導

posted by take at 08:30| 活動報告