2019年08月05日

有益と無駄


無駄なことをすることは大事だと思います。くだらなかったり、生産性ゼロだったり、時間の浪費だったり。

そうやって有益な時間とのコントラストがつくことで、バランスがとれて生きていける。


ただ同時に、自分にとってやったほうが良いことが毎日のルーティンとして楽しくやれ、こなすことにより自分が変わる、そんなことで自分の時間が埋まっていくことこそが大いなる喜びなのではないでしょうか。

もちろん無駄や惰性はなくならないし、意味はあるし大切。

しかしそれは、充実のアイテムのルーティンと成長のためにあるのが望ましい。

有能な人は、無駄な時間の中からも何か見つけ成長しようとしたりする。

なんなら有益なルーティンの中に無駄や惰性がまざってきて、つとめて怠惰な時間へと向かいたくならなくなるのは悪くないですね。

回遊魚じゃないけど、最後は充実した有益と無駄が完全に一体化するとか。


休日
移動時にゲームしてる人が多いのはそういう流れか。ただの暇つぶしではなく、工夫と知恵なのだろう。

posted by take at 07:29| 活動報告