2019年08月03日

怒ったなら抑えよ


「何であれ、怒りから始まったものは、恥にまみれて終わる」


これは………


言葉を失います。ただ………その通りだと思います。


もう一度

「自分の正しいと思うことをしなさい。どっちにしたって批判されるのだから」は、自分を貫けと言っている。

ただ「私は間違っていない、相手が間違ってる」と思った瞬間に、関係改善は閉ざされるという価値観も、はっきりしている。


この二つのアプローチは、私たちが経験する内容で使い分けるものでしょう。

全てにおいて貫くのは間違い。ただ貫くべきときと場合は、迷わず貫く。

全てにおいて相手を尊重するのは間違い。ただ相手の立場に立てたとして、貫くほどの内容ではないとしたら、自分を曲げることもやぶさかではない。


それらが何であれ、我が怒りから始まったとしたら、一度立ち止まって怒りを抑えてから、行動に出よと。

なぜなら我が怒りは、自分の表現を的確にする力を完全に奪うから。


すると、結果恥にまみれて終わる。


怒るのは仕方ないだろう。人間だから。しかし頑張って抑えて、そして冷静に相手の立場と的確な投げ掛けを考えるべきだ。


どうやら怒りにまかせることほど、恥ずかしくうつることはないらしい。


川越へ

posted by take at 20:55| 活動報告