2019年07月15日

あらためて、音楽とは


初めてお会いした年長者の方が語った言葉。シンプルで端的なものだったが、あらためて心へ強く向かってくるものだった。



「今は変!な犯罪多いじゃないですか。あれ、若い頃にあんまり音楽を聞いてないんだと思うんですよ。

音楽には癒される力もあれば、明日からの生きる糧になる力もありますよね。それだけの凄い力がある。小さい頃に音楽に感動してそんな経験をし、好きになっていろんな状況のときに聞いていれば、そんなにおかしなことにならないと思うんですよ」



もちろん理想論に近いものであり、例外(音楽好きでも危うい人格とか)をいくらでも想像できはするが、しかし音楽のおかげで救われて現在がうまくいっている人は多いはずだ。


僕は音楽と共に生きてなかったら、それに代替するものはあっても今と同じ心持ちかどうかは自信がない。

それくらい、音楽は癒しや救いだけでなく、学びであり意欲であり、信仰でありアイデンティティーであり、夢であり試練であり、感動からの生きる希望だ。


年長者はこうも言った。


「オーケストラにはね、宗教が違ったり支援政党が違ったりいろんな人がいるんですよ。世の中ではそうだと交われない場面もたくさんあるけど、オーケストラではそんな人が一緒に同じ目的で音楽をする。なにも思惑なく、同じものを目指す。だから音楽は本当に素晴らしいものなんです」


M-crafts名古屋公演

posted by take at 11:20| 活動報告