2019年07月05日

ネバア〜ええでgoo!ストーリー


テレビでねばねば料理をやってて、ひと言「いいなぁ〜ねばねば」とさっぱり目に呟くと、翌朝早速家人が作ってくれました。

オクラ、山芋、みょうがたちをそうめんにかけたもの。


まあ〜〜、な〜ん〜て美味し〜〜いんでしょ〜う、ねばねばぁ〜〜


ここにも何回も書いたが、僕はとにかくねばねばは好きで、牛タン定食の麦飯にとろろがオプションの場合必ず頼むし、なんならおかわりしたいし。

年中好きだが、やはりこの梅雨から夏にかけての季節、自然と食べたくなる。

テレビでやるから?そば屋で季節限定で出るから?

んにゃ、おそらく身体がねばねば要素を欲する気候、つまり身体からねばねばが足りなくなってるんじゃなかろーか。



「中学から高校にかけて、信じられないくらいの量食べてた。食べても食べてもお腹すいた」

みんな同じ思い出話をする。ご飯1食2合は当たり前、1日5食だったとか。

僕も、おふくろに焼きそばやチャーハンをリクエストしたとき、フライパン山盛り、三人分必ず作ってもらい平らげていた。皿に盛れないし冷めるからと、フライパンのまんま食べていたのを思い出す。うどん5玉なんてのも、平気な顔してつるりと。

N響の中には息子が高校生という人も多く「信じられないくらい食べる」と。ベートーベン演奏による対価は、米となり肉となって家族の胃袋へ消えているようだ。ベートーベンは弁当ベンとなり、若者の成長に貢献している。


あれ以降の年月において、何度考えても不思議だ。どうしてあんなに食べられたのか。

おそらく、強引にとか欲望のままにということより、大人の身体に変化する時期、あれくらいのエネルギーが必要だったのでしょう。

本当に必要だったから食べられた、直ぐお腹がすいた、また食べた。

あの量のエネルギーを摂取して、初めて大人の身体へと。燃費がどうこうより、それくらい大人の身体を作るのには、莫大な栄養が必要だったのだろう。



今この年で、こんなにねばねばを欲するのは、身体の中にねばり気が少なくなっているのか?ジジイの身体に変わるのに必要なのか?

それとも摂取しないと、今以上にもっと話もスライディングも説教もねばいのだろうか?(楽聖たちの歪む顔が見える)


こんなにあっさりさっぱりした人間なのに。


N-crafts練習

posted by take at 17:42| 活動報告