2019年07月03日

オケマンの命


「オケマンは倍音が命」

と、ふと思い呟いてみる。発音が悪かったか、はたまたわざとか、倍音の宝庫であるチューバ池田君に


「ライオン?オケマンはライオンが命?」


と突っ込まれる。ライオンなわけないっしょ。意味わからんがな!!


冗談はさておき、オケマンは倍音が命である(爆音じゃないよ)。もちろんオケマンに限らずだが、あえて言うのは、オケマンたちは倍音でアンサンブルをしているから。

倍音で和音をハモネプってるから

倍音で合奏をしているから。

倍音で表現しているからだ。


ゆえに倍音をいかに幅広く、豊かに、たくさん持ち合わせているかは、スキルに関係し、印象に関係し、快感や感動に直結している。


高齢が聞こえないと言われるモスキートーンなんかなんのその。

高いも低いも、とにかく夢のように無限に拡がる倍音こそ、オケマンの命なのだ。


川越へ

posted by take at 10:55| 活動報告