2019年06月09日

女性と駄洒落


「それおやじギャグですよ」と言われれば、おやじと認定されたのだ。

若者が同様のだじゃれを言ってもおやじギャグと言われないことの不条理研究から、この価値観にたどり着き、早十数度もの春を越えてきた。


先日、旦那の口元関所崩壊からのおやじギャグ連鎖に

「家でもずっとこうなんです」

お子さんたちの反応は

「完全無視、無反応です」

奥さんは笑ってあげてください

「え〜〜〜〜〜?」

という会話の後、ふと


そういえば、女の人って駄洒落やギャグを口にしないなあと、素朴過ぎる疑問がわき、リサーチをはじめた。

女たるもの、絶対駄洒落なんか言わん!というプライドなのか、そもそも駄洒落やギャグは思い浮かばない脳なのか。

男性陣の中では、駄洒落の概念がそもそもないのではとなった。


「浮かびますよ、私結構家では言ってます」

「私も。旦那にお前寒いって言われてます」

でも外では言わないよね?

「外で言うほどじゃないから」

まだよくわからない……


別のコミュニティで聞く。

「女性は話したいことがたくさんあるから、駄洒落なんか言ってる場合じゃない」

「頭には浮かぶけど、外には出さない。内容ないから。話すほどのものじゃない」

女子トークにも内容ないじゃん

全員「あります!!」

は、はい(^。^;)、ありますよね。ただ、男が駄洒落言うのはサービス精神なんですよ。周りに楽しんで貰おうっていう。

「でも、注目してもらいたいんですよね。面白いでしょって。その瞬間、皆でそれを聞くっていうために止まるじゃないですか。女の人は止まりたくないから、ずっと話したいから、意味のない駄洒落は浮かんでも言わないんです……」


な、流れが大事なんですね、わかりましたか、武典さん、わかりません。


レッスン、N響定期、ブロカート

posted by take at 15:45| 活動報告