2019年05月21日

完璧な男


今DVDで観ているドラマに、素晴らしい男性が出てくる。

大家族のホームドラマ。嫁姑の関係を軸に、家族のしきたりやあらゆる人たちの恋愛、トラブルを描く楽しいもの。

主人公は嫁。その旦那が一点の曇りなき素晴らしい人物。妻のみならず周りの人に対する対応が


「もうそれこそが完璧でしょう!」


と思わされる見事さ。

あまりにユニークで楽しい設定含め、脚本の素晴らしさを感じたので調べてみると、ヒットをいくつも飛ばす有能な女性脚本家が「こういう人と結婚したい」と思う像を徹底的に描いたようだ。


しばらく観ていて、ある瞬間気づく。

どんな状況に出くわしても、瞬間に最良の選択ができている。正解とも言える言動が、本能で自然にできているということだなあ。

その場しのぎじゃない、奥さんはじめどんな女性にも、あらゆる立場年齢の男性に対しても理想的な対応。その判断力は客観的に見ても、後の周りの状況を見ても完璧なことがわかる。


なんて羨ましいんでしょう。


そら産み出してる女性脚本家が、女性に対してだけでなく全体に対して完璧な理想をやらせるわけだから、つじつまの合い具合含め社会人として、大人として、人として文句なし。


そっかあー、女性はこれかー


「無茶言うなー、こんなん見せるなよ!!!!無理に決まってんじゃん!!!!」

世の男性たちの叫び声が聞こえてきます。


しかしあるものです、完璧な対応。脚本は、やはり幼少の頃の不幸からの苦労故の人柄と描いている。

苦労はかってでもしろ!にしても見事。


やれるとは言わないが勉強んなります……やれるとは口が咲けても言えません。(おめでたい口の意)


N響定期練習

posted by take at 22:09| 活動報告