2019年05月18日

横になりたいのよ


会社の中に「仮眠スペース」「仮眠室」を作る会社が増えているそう。

多少の仮眠をとった後の方が仕事がはかどると。

15分限定の予約制だったり、あらゆる仮眠グッズ(枕他)が充実していたり、オフィスの片隅に仕切られているだけ(音が聞こえたり緊張感があった方が熟睡しないためらしい)だったり色々。


わかりますね。

若い頃、NHKホールのゲネプロと本番の間、渋谷の町を歩いていたら睡魔がやってきて、ホールへ戻り畳の部屋で寝るのも面倒くさいくらいだるくなり、近くにあったクィックマッサージに入り、ほぐしてもらいながら熟睡したことがある。


眠いのにどうにもならないときはあり、オフィスにいたらとくに周りの目もあるから耐えに耐えるとなると、まあ数千人から見られながらホールの舞台でさらし者になっているようなものですからね。

そらきついでしょう。

少しでも寝られたらね。いいでしょうね。ヒーリング的に美しいクラッシックなんか聞こえてきたりね。まあ、夢見心地というかなんというか(/0 ̄)


「吉川さん!いきますよっ!!」


ガバッ!!から慌てて楽器を構え、吹こうとしたら指揮者が止めました。


そりゃ練習中ですよ。本番なわけないじゃないですか!本番は寝ませんよ。緊張感の中やってますから。


仮眠グス〜〜ぅん(+.+)(-.-)(__)..zzZZ


N響定期

posted by take at 16:24| 活動報告