2019年05月01日

どぅる天再び


4月に来沖した際、新入生も一緒に安定の「花咲」へ行ったのですが、ちょーまいうな料理たちを楽しみながら「なんでも食べたいもの頼みな」と、先生よろしく投げたところ


「どぅる天お代わりしていいですか?」


となった。

うちなんちゅの新入生、食べるのは初めてだったらしいがたいそう気に入り、リピートの希望。柔らかい食感と、芋と野菜や肉たちの味コラボ。本当に美味しいもんね。


『どぅる天とは、まかない料理からうまれた沖縄の郷土料理。伝統料理「ドゥルワカシー」に衣を付けて揚げ、天ぷらにしたものです。那覇市の料理店で誕生したといわれており、その後沖縄県各地の料理店でも提供されるようになりました』


【どぅる天のレシピ】

分量:4人前

田芋 3個
豚肉 16g
にんじん、かまぼこ 各8g
しいたけ 2枚
片栗粉 5g
かつお出汁 30cc
塩 少々
サラダ油 適量


1.田芋の皮をむき、すりつぶします。
2.熱したフライパンに油をひき、それぞれ細かく切った豚肉、にんじん、かまぼこ、しいたけを炒めます。
3.ボウルに1と2、かつお出汁、片栗粉をまぜあわせ、塩で味を調えます。
4.3をひと口大にとり、170〜175℃の油で表面がきつね色になるまで揚げます。お好みでしその葉を添えます。


今日はどぅる天発祥の店とも言われる名店「うりずん」を目指しますが、金週でもあり入れぬとのこと。姉妹店の『ぱやお 泉崎店』を予約して。

件の新入生は体調不良で不参加でしたが、彼女の分も(?)どぅる天を楽しみ、やっぱりお代わり。

どの店にもあるわけではないが、あったなら絶対頼んじゃうなあ的フェイバリッツ沖縄口内幸福です。

来沖の際は是非!!


沖縄県芸レッスン

posted by take at 12:41| 活動報告