2019年05月11日

高嶋圭子


「豪雨災害復興支援コンサート」出演のため広島に来ました。

地元のトロンボーン奏者たち、ユーフォニアム奏者、高嶋圭子さんのピアノによるコンサート。

曲は全て高嶋さんの作曲ないしは編曲作品。

僕はソロからデュエット、全員でのアンサンブル等、いろんな編成に参加。作品の素晴らしさにコンサート主旨への思いを乗せ、集中力高く心地よく演奏に携わることができました。



高嶋さんは芸大のときの先輩ですが学生時代面識はありませんでした。僕の上京とほとんど同じタイミングで日本に来はじめ、後に毎年のようにソロやカルテットで来日したミシェル・ベッケさんのコンサートに曲を提供した方として、知り合いました。

僕は自分の最初のリサイタルに夕やけこやけの編曲を依頼。ベッケさんに書かれた「五木の子守唄」が好きで、そんな感じをお願いしたのです。


10年近くの年月が経ち、ジパングのための依頼を電話したとき「最近は作曲から離れている」と聞いてびっくりしました。子育てに専念されていたからですが、無理矢理お願いして出来上がってきたのが、名曲「古都三景」です。

その素晴らしさに魅力され、以降ソロやアンサンブル、編曲まであらゆるものを依頼し生み出していただきました。

今ではトロンボーン界のレパートリーの中核を為す作品群。コンテンポラリーテイストではなく、しかし高嶋さんにしか生めない世界観が、あらゆる演奏家たちの意欲を刺激しています。

あるポップスの作曲家が「ヒット曲になるかは転調の成功にかかっている」と言っていましたが、まさに高嶋作品の魅力はそこにあります。

その情緒こそ、日本代表として世界へ拡がっていくことは間違いない。日本人の情緒でしかなく、常に突き動かされて出てくるものばかりというのは、復興支援を主導する生き方と重なるものです。

価値ある民族性。世界が大好き日本食!のように、寿司、ラーメン、高嶋圭子のはずなのです。


トロンボーンクァルテットジパングのレジデンスコンポーザーであり、トロンボーンクァルテットティンツのエグゼクティブアドバイザー。

他には聞いたことがない、室内楽の団体の要職を二つも担っている。


今日のコンサートも、一点の曇りなく素晴らしい魅力のみの音楽たちに携われる幸せを、強く感じています。


広島豪雨災害復興支援コンサート

posted by take at 09:17| 活動報告

2019年05月10日

起源帰還


僕の夏、沖縄はもちろん東京でも地方でも、仕事のときはかりゆしウェアである。

シャツのデザインが好きで、買いにいくのも好きでと趣味に合っているのが理由だが、最初に沖縄でみた生徒(女子)が、「先生、かりゆしを東京でも広めてください」「よっしゃ、わかった!」と約束したこともあります。


かりゆしは、観光アピールの理由で1970年「沖縄シャツ」の名称で誕生。1990年に「かりゆしウェア」と改名。カジュアルフライデーなどでの着用が推進された結果、徐々に官公庁などで着用が広まりバリエーションも広がっていったとのこと。

実はハワイのアロハシャツをモチーフにしてスタートしています。

基本的なデザインはアロハシャツと同じ半袖開襟だが、ボタンダウンやスタンドカラーも製造されています。左胸には通常ポケットがつき、裾はズボンから出して着ることを想定して短く直線的にカットされている。


アロハシャツの起源には諸説ありますが、日本の和服から派生したという説が有力で、日本人移住者が持っていた着物の美しさに惹かれた現地の方が「着物をシャツにしてくれ」と、和服の着物をシャツに仕立て直したものが起源とされています。

その歴史はかりゆしウェアよりもずっと古く、1930年代初頭にはアロハシャツという呼称が定着していたようです。


日本の文化が外国でアレンジされ、更にそれをアレンジし日本オリジナルを作っていった流れ。日本が世界を旅して、豊かになって戻ってきた感じですね。



ニュースでクールビズ開始の話題をやっているが、いくつかのシャツの中でかりゆしウェアも奨励されていると言っている。

沖縄では、この数年でも地元のメーカーのデザイン多彩化は激しく、まさに日本文化起源百花繚乱ともいえる賑わい。


全国的なブームが来る日も近い予感がします。


広島へ

posted by take at 08:31| 活動報告

2019年05月09日

ながらしながら


僕の日常における「ながら」の代表は、ドライヤーかけながら綿棒。

生徒の中には、固定したドライヤーとシェイバー、そのふたつのコンセントが入ったタコアシを差すことで一気にスイッチが入り、そして綿棒というスペシャルなやつがいた。

そのオリジナリティ溢れる工夫を、練習に活かせんもんじゃろかと思ったものである、と遠い目で過去をふり返り……


最近ながらが増えた、というか洗練されたのは

「テレビやDVDを観ながらエアロバイクをこぐ」

え?そんなのフツーじゃんと思うだろうが、今までよりそれが完全に一体化した感じ。

ほとんど無意識でドラマやニュースの内容に集中しているうちにエアロバイクが終了している。そして続かない原因だった「やってる間しんどい」や「疲れが残る」や「あと何分かやたら気になる」なんてのが無くなったのです。


本当に観たいものを観る、無理のない負荷、時間も欲張らない辺りが理由。気づいたらトレーニング終了。


そして令和の僕は、更にもうひとつのことにチャレンジするという暴挙に出た。

よゐこは絶対まねしないでね。


それはロングトーン!

ドラマを観ながらエアロバイクをこぎ、そしてロングトーン。


教師でもある僕は、本来こんなことを表明してはならない。ながら練習なんか駄目だ、集中せい!と有言実行しなければならない。

ただ、僕にはながらでも成立するオリジナルの練習法がある。それは決して無駄ではなく、しかも吹く意欲へと繋がるもの。

だからよゐこは「そっかあ、テレビ観ながら練習していいんだあ」と単純に真似てはだめだよ。


「凄いすね先生……もうひとつ何かできませんか?」

そ、そら無理やろ。


川越へ

posted by take at 08:30| 活動報告

2019年05月08日

他人の観察


引きこもってはならない。

引きこもると他人の観察ができなくなるからだ。

他人の観察という行為こそ、我が取り入れるべきこと、その宝の山だから。

だから、我が入口も出口も閉ざしてはならない。


休日

posted by take at 07:49| 活動報告

2019年05月07日

真似ない


「YouTubeで聞いてその真似を……」

現代の若者に蔓延してるパターン。


YouTubeどころか録音が限られている時代は、「もっとレコード(CD)を聴いて勉強しよう」と、影響をうけることが推奨されてたぐらいだったが、現代では「YouTube見るな!」までいい放つ先生も多い。


問題は、極めて「自分無き真似事」になってしまっている点。というかこの人たち、まず似れてない。


君が真似ようとしたYouTubeのプロは、誰の真似もしてないからできてる演奏なんだよ。


誰か憧れの演奏家が一人いて、若きある時代徹底的にその人を真似てみた、なんてのはいいことだと思う。

しかし前述の大半は「YouTubeのプロの演奏だから真似る」という「自分無さ過ぎ」から、更にどんどん我無くなってしまう取り組み。


「では聞かない方がいいんでしょうか」

ある若者からの質問。


聴いたり見たり、全然問題ないよ。だけど、あれこれ真似るためじゃなくて、各々から良いとこだけ取ろうとか、何より本当に自分が憧れるものを探す行為としてというのが条件。

憧れるものを探すというのは、自分の中に趣向がはっきりある人がする行為。無い人は、なんでも真似られる。

そして、聴くならあらゆるものを聴きな。弦楽器や木管楽器、ピアノや歌、オーケストラや吹奏楽、室内楽他あらゆるものを。


その美しさや素晴らしさをストックしていけば、本当に必要なプロセスを得られる。

自分の中にある美意識が育っていくという人生の時間だよ。


大塚へ

posted by take at 18:33| 活動報告