2019年04月08日

人生そんなもの その2


とある人を評しての「〇〇さんはとにかくエネルギーが凄いんですよ!!」というコメント。何度か聞いたことがあります。

内在するやる気を、マグマの噴火のようなイメージで凄いエネルギーと表現。


このエネルギーですが、もともとある人にはあり、持ち合わせてない人には最初からない、という論評に聞こえるのですが、僕は少し違うように考えています。


エネルギーというのは絶対量存在しているというより、生まれてきた良質のエネルギーを、時間と共に育てて立派にしていくものだと思っています。プライドや思いやりと一緒。


幼少の頃から病気がありという人は別ですが、大抵の人は選択次第で「とにかくエネルギーに溢れている人」と言われる存在になれると。


没頭できることを選べている人は、その度合いが高いアイテムであればあるほど、よりエネルギーが育ち放たれる。

やはり、本当に自分が興味をもてることこそを選べているか。人生がうまくいくのに必要なエネルギーも、そこにかかっていると思います。


勝ち組負け組という言い方は嫌いですが、もし人生がうまくいくいかないを勝敗と言うなら、自分の選択次第がもたらす結果でしょう。


実は人間が取り組む大抵のことは、誰だってそこそこ楽しめるものがほとんど。しかし端から見ると


周りが見えなくなるようにのめり込んでいる、時間を忘れるくらい没頭している、気がつくとそれに関することを考えている


というように、相思相愛を「結果ちゃんと」選んで取り組んでいるかどうか。


自分にピンとこないものは選ばない。没頭している人は、それを選ぶ時間すらなかったりするのでしょう。


レッスン

posted by take at 18:43| 活動報告