2019年04月05日

嗚呼、鰻のたれ


埼玉、幸手の桜祭りをテレビでやってる。凄く綺麗。出店もたくさん出てる。

その中でいろんなおにぎりを出す店が。中に、鰻のたれを塗ったおにぎりが。


その手があったか!思い付かなかったが、絶対うまいよね。


最近はお握り屋も増え、しかも具材も日本各地のあらゆるものを刺したり入れたり。2.3個だけ選ぶのに困るくらいの賑わいだが、鰻のたれを塗っただけというのは見たことない。

見たことないが口の中で味は直ぐ想像つくし、しかもチョー美味しいのがわかる。

年号話題からの万葉集ブームがきているが、この中にも「鰻で精をつける」というような内容の歌あり、かなりの昔から日本人にとっては絶対的なスタミナ料理としてのポジションに君臨しているわけです。

鰻重にしても鰻丼にしても、鰻そのものの味もだが、それがたれと混ざり、そしてご飯に染みた部分の旨さは味の桃源郷とも言え


鰻味(うなみ)こそうま味


と言いたい人もいるだろう。

そんな人は(僕はそこまで鰻ラーではないが)、娘が生まれたら「鰻美(うなみ)」っていう、キラキラネームならぬギトギトネームをつける勢いだ。


一瞬幸手まで鰻たれおにぎり食べにいこうかと思ったが、断念だんねん。さまよえるオランダ人やらなければならず、胃袋もさまよい気味。

結局うどん。


N響オペラ本番
鰻うどん(うなどん)て無いね……

posted by take at 13:37| 活動報告