2019年04月20日

ファンタジー


時が流れれば状況が変わり、社会の空気が求めるものも変わったりする。場合によっては、今までと逆の流れになることも。温故知新的に昔に戻ったりもする。

その転換期というのは必ずあったりするが、いち早くそれを感じ、新時代に要求される価値観へと転じられることは大事だと思います。



プロもアマチュアも、楽譜に書いてあることを正確に再現する能力は、かつてより格段に上がってきた気がします。楽器を操る技術ですね。

昭和の時代まで遡ると、音程が合わず、リズムも揃ってない、なんなら楽譜の音が並ばないということは多々あった。そのことにより、曲の姿も「まあまあなフォルム」としてしか再現できていない演奏が溢れていた。

それが機能的という言い方であれ、並び、調和し、揃うことで、その曲本来の姿が見えてきて、その喜びでもって素晴らしい演奏だとの評価が得られてきた、この数十年の流れ。

プロのオーケストラも、個性的な表現より「普通にやる」指揮者を良しとする気風が強かった。

指揮者のバトンテクニックや練習のアイデア、流れは洗練され、オケマンの技術向上も相まって、現代では本来のスコアの響きや流れではないものをやることの方が困難だ。なんなら棒なしオーケストラだけで、それができたりもする。

デュトワはじめ、あまりに明晰にスコアを再現できることの素晴らしさを感じてきた平成30年間という感じだが、実はそれ故に「楽譜の通り症候群」というのが、蔓延してきたように思う。

もちろん作曲家への敬意含め極めて大事なことであることは変わらないが、しかし「楽譜に忠実がまず大事」から「それをトレーニングすることばかりにやっきになる」から「肝心なことを見失っていった」、そんな一面もある気がします。


何を見失ったのか……


それは「ファンタジー」に尽きます。


1900年代のいつ頃までかにいた、本物の巨匠指揮者たち。彼らにあった、楽譜を読んだ上から更に醸し出される偉大な自然や人間賛美、更に深い精神性や愛を余すことなく感じ表現しようとすること。


本来の音楽表現に必要なこれらを、楽譜再現技術信奉により見失っていった感は否めない。


そろそろ原点回帰のタイミングを迎えており、演奏家も指揮者も気づかなければならない。

「楽譜再現のために技術が必要、その上で表現」ではなく

「楽譜の記号たちではないところにあるファンタジー、それこそを探し求める」

そんな生き方を。


川越へ、N響定期、ジパング
そういう意味で「本当に素晴らしい指揮者は限られた数人しかいない」という意見は、納得できる。

posted by take at 13:20| 活動報告

2019年04月19日

パワー丁寧


ベテランゾーンにさしかかろうという、とあるプレイヤーと話す。


「音変わったね。深く豊かに聞こえる。懐が深いみたいな」

「え?本当ですか……スタンスを少し変えました。吉川さんと話していて、丁寧に練習しようかと」

俺なんか言ったっけ?ま、いいや。

「でも前から雑にやってたつもりはないでしょ?」


僕は返しながらも、彼の言いたいことはわかっていた。

フレッシュから中堅ゾーンまで、有り余るパワーを練習の仕方にも注入し吹いてきたのを、それだけでなく細やかにソフトな脱力を盛り込み、そこからパワーの方へ向かうようなプログラミングの流れにし始めているのだと。



ふと……


人はきっとある年齢から自然と、丁寧に練習することに転じるのだろうと思った。

それは、経験値の積み重ね、蓄積がある瞬間気づかせる効率と理想でありながら、パワーで圧しきる体力の減退だけでなく、理想の内容の変化でもあるのだと思う。

逞しく鳴るだけが魅力じゃない。でかい、高い、速い、凄いじゃなくみたいな。

丁寧な取り組みは、結果パワフルな大きさではなく、空間を支配する豊かな大きさを生むのだと。自然とそちらへ転換する、そんな年齢があるのだろう。


さらにふと……


彼は「丁寧にした」というわけで、丁寧さの逆の雑さを今までの取り組みから感じたのだろう。雑というか、勢い優先というか。

でも、客観的に聞いたら彼は名手として、最良のキャリアを積んできているように見えるから、きちんとパワフルでありながら、間違いなく丁寧だったのだ。

新しい丁寧のパターンや、取り組み時間を増やしたということだろう。より丁寧を足したとか。


若い世代には、ここに目指すべき真理があることを知って欲しい。それは……


「常にパワフルと丁寧への欲求と実践が、当たり前でなくてはならない」という真理だ。


N響定期

posted by take at 16:16| 活動報告

2019年04月18日

相手の立場に立つ順番


「俺の立場になって考えろ」「わたしの立場になって考えてよ」と相手に要求する人ほど、相手の立場に立つ能力が無い。

考えてみると、実はわかりやすい現実。


「自分はあなたの立場に立っているんだから、あなたもそうしろ」というのは、実は相手の立場に立ててないわけで詭弁の類いになる。

相手の立場に立っていると自分で信じているのかもしれないが、本当に立って考えている人は「今自分を優先しろ要求」ではなく、違うものを相手に求める。

施し含め周りにヒューマンテイストのアプローチが多い人でも、この違いで本物か怪しいかが判断できる。


人は弱いので、相手からのアプローチなくては生きていけない。

ただそれは「自分を大事にしてくれ」と要求するのではなく、まず自分を抑えて目の前の人の状況に立ってから。

立ってからも、じゃあと要求するのではなく、いつか自分の立場に立って考えてくれて、場合によってはそれを優先してくれるんじゃないかなあと信じるだけにした方がいい。


「情は人のためならず」ならぬ「相手の立場に立つは人のためならず」


現実は、実は山のように自分の立場に立ってもらえている。

自分がそのことをクリアーに見えるか、ぼやけて見えるか、はたまた全く見えないかで変わってくるのだろう。


N響練習、川越へ

posted by take at 10:05| 活動報告

2019年04月17日

チームプレー今昔


そのチームプレーですが……


昭和のあの頃は、全体優先主義はあらゆるジャンルに蔓延していたと思います。

ただ同時に、だからこそなのか、長嶋や王、力道山や貴乃花、芸能界でも銀幕でも手の届かない圧倒的スター個人を渇望し讃える価値観は、現代よりも強かったように思う。

そしてそんな人たちをも管理しようという力よりも、ある意味、自由に輝いていてもらおうという放任感覚も強かった。


きっと会社においてもだが、社畜のように扱われる部分と同時に、自由にやらせ成長を見つめ、怒るときは怒るがほっとくときはほっとくみたいな価値観が、全体主義と同居していた印象だ。

教育もしかり。きちんと時間と共に育てるため、個人の言動、その失敗も、許すほっとくみたいな空気はあった。


はみ出るのはやはり駄目だったが、失敗には結果寛容だったのだろうし、皆今より自由に表現する社会の空気あってのチームプレーだった気がする。夜な夜な、言いたいこと言って喧嘩している人たちはそこらじゅうにいたし。

そういう意味で、相手を信じるというおおらかな時間軸的感覚で


「チームプレー自体が育っていく」


ことが大事だろう。


現代はそういう意味でも即戦力好き過ぎて、時短過ぎる気がする。

目標と枠だけ強く共有で盛り上がり、あとはどこまでMAXお互いをほったらかしにできるか辺りが鍵か。


N響練習、大塚へ

posted by take at 21:58| 活動報告

2019年04月16日

本当のチームプレー


『本物のチームプレー、その姿』についてずっと考えています。


日本人はとかく「チームワークによる成果を出すことに長けている」と言われます。

スポーツの世界でも、個人のスキルを前面に出して闘うよりも、チームとして勝ちにいくことを狙う。

個人的に秀でた能力があっても、スタンドプレーはとにかく嫌い、チームプレーを優先した中での表現こそを美徳とする。和を乱すのは極めてご法度だ。

場合によっては、能力の高い選手がいなくてもチームプレーを駆使し勝ち抜いていったりもする。

そんな日本のチームプレーは、欧米の個人主義の中でのものとは、少なからずテイストが違うのだと感じています。


昭和のあの頃と違い、現代は、自分を圧し殺してまでのプレーに徹せよというわけでは決してないだろうが、全体の構成を守るありきの個人能力の発揮と、個人の能力の発揮ありきの全体作りという違いはあると思う。

僕は、日本人の美徳チームプレーは、本当に個人の能力が最大限余すことなく発揮できるものかどうかを、ずっと考えてきたのです。

これはスポーツのみならず、オーケストラやアンサンブル集団、実は仕事の現場である会社においても、全て共通していることだと思う。


2人から大人数まで、チームプレーで一番必要なのは「携わる人全ての最終目標が同じになること」だと思います。そのプロセスとして個人が貢献する。

役割や能力が違っても、とにかく最終目標が同じになり、各々がやるべきことをやり、それが違うやり口でも決して否定しない(これが何気に難しい)。

それははっきりしているが、その場合満足度や疑問なく取り組むこと含め、個人が削れずに表現できるかが、僕の疑問における課題でした。



『自分の喜びのために、周りの喜びを潜在的に意識でき、同じ最終目標に向かって、自分の能力を貢献させようという力を、無意識で使いきることができること』



今のところ、僕が出せた結論はこれです。


そして、オーケストラ含め演奏においては、プロアマチュア関係なく


『表現意欲に溢れていること』


この端的な言葉こそが、本物のチームプレーに必須なものだと思っています。


N響練習、レッスン

posted by take at 17:56| 活動報告