2019年03月16日

薬師丸ひろ子さん その1


僕と薬師丸ひろ子さんは、ほぼほぼ同世代。「セーラー服と機関銃」のときから、可愛らしい彼女にはほのかな憧れがありました。


あるとき「みんなの歌」から『窓』という曲が流れてきました。


「あ、薬師丸さんだ、相変わらず綺麗な声…………ん?これ、いい曲だぞ」


歌声は特徴があるので、瞬間に彼女だとわかります。(「食彩の王国」等ナレーションの声もすぐわかりますね)


同じ時期、昨年の5月くらいか、沖縄へ跳ぶANAの機内放送のチャンネルに「薬師丸ひろ子スペシャル」があり、聞いてみました。

ゲストでご本人が出演していたのですが、話の内容、語り口も、本当に素敵なお人柄が滲みでていて、かなり感じ入ってしまいました。

ある意味芸能人っぽくない印象で、一人の人として、とても素敵な年の重ねかたをしているように感じたのです。同世代として、強く共感できる何かがあり、尊敬の念もわいてきました。

そしてその放送で、彼女がなんと!20年ぶりにリリースしたという『エトワール』というアルバムの曲たちを聞きました(中にはあの窓もありました)。

結果的に帰京の便でも聞き続け、着陸する頃には「帰宅したらこのアルバムを買おう」と。


美しい曲の数々も彼女のトークも、優しさと愛と、何より思いやりに溢れたとてもヒューマンなものに感じられ、なんだか一気に好きになってしまったのです。


初めてになるのですが、CDではなく配信でアルバム一枚分を購入。iPodに入れて様々な場面で、気づいたら毎日のように繰り返し聞いていました。

なんこやからの帰り、那覇での道すがら、N響はじめ旅先でのあちこちでも……


そんなエトワールとの日々、何ヵ月か経ったある瞬間、僕はある不思議なことに気づくことになるです。


N響オーチャード定期

posted by take at 20:16| 活動報告