2019年03月06日

ねえ!ムーミン


私の予想通り「翔んで埼玉」は大ヒット。

二階堂ふみの言葉、

「せっかくだから埼玉全員の人に観てほしい。埼玉が素晴らしい場所であることはそもそも知っていたんです。埼玉の人は心も寛大ということで、そんな土地柄あってこの映画のこの結果だと思います。埼玉は不滅です。でも、今日で区切りをつけて今後は沖縄の方にも力を入れていかないと(ご本人沖縄出身)」

と、一字一句僕と全くの同意見を放っている。

更に、スタートとラストをきっちり引き締めたブラザートムは

「弱ったね、二階堂さん、これが代表作ですよ。自分も戸田市から突然電話がかかってきて『特殊詐欺被害撲滅大使』に選ばれました」

と。

もっ回観に行こうかなあ……


そんな埼玉は飯能に『ムーミンパーク』なるものができるとニュースでやってる。そしてそのバックに、あの名曲「ねえ!ムーミン」が流れている。

作詞の井上ひさしさん、作曲の宇野誠一郎さんは、大槌のテーマでもありことある毎に演奏している、あの「ひょっこりひょうたん島」を生み出した名コンビ。

曲調は全く違い、柔らかいファンタジーに包まれているが、この「ねえ!ムーミン」は、かなり独特の世界観に笑みを浮かべたくなるような優しさに満ちている。意外に無い感じ。


僕は子供の頃からお気に入りの音楽だが、特に間奏が物凄く好きで、高嶋圭子さんに訴えたこともある。


ねえ ムーミン
こっちむいて
はずかしがらないで
モジモジしないで
おねんね ね
アラ マア どうして
けどでも わかるけど
男のこでしょ
だからねえー こっち向いて

ねえ ムーミン
あたしにはなして
かくしたりしないで
なんでもうちあけて
おばかさん ね
だって そんな
まさか ううん さあいいから
男のこでしょ
だからねえー あたしにはなして


あらためて読んでみても、特別感の強い言葉の数々。ポエムやね。


久しぶりにニュースのバックで聞いた音楽は、やはり人生を貫いている「凄く好きなもの」でありました。


帰京

posted by take at 13:24| 活動報告