2019年03月02日

諦めない力(あきらめないりょく)


信じる力と疑う力、どちらが強いのかどのくらい強いのかは、人それぞれだろう。

そしてなぜ信じるのか?なぜ疑うのか?と問われても、理由も根拠もないとなるはず。自分はそういう人間だと。



あらゆるジャンルの成功者が、若き頃を振り返りよく言う言葉がある。


「なんだか、根拠なき自信があったんですよね。うまくいくんじゃないかな、叶うんじゃないかって。うまくいかないかもとは疑わなかった」


これは、実は信じる力がとても強いということだと思う。それこそ根拠なく疑っていない。



実は人が取り組む大半のことは、諦めなかったらどうにかはなるものだと思う。

何かしら目指してみたタイミングがあり、でも今はやってないこと、達成できなかったことというのは、諦めるという力を使い、自分自身で判断、選択したことだ。


人の現実として、本当に自分に向いていることは限られているが、目指してみたくなるものというのは、思っているより多いのだと思う。



かつてここにも書いたエピソードで、定期的に頭をよぎるものがある。何で成功したのかは忘れてしまったが、とある女性社長の話。

「若い頃、美容師になりたいと思い専門学校へ行きたいと父親に相談しました。父は、行ってもいいが学費は全部自分でやれと一言。で、よく考えたらそこまでしてやりたいことではないと思い、止めたんです」

彼女はその後違うことに転じ成功したからただの笑い話だが、よく考えたらそこまでしてやりたいことではないと思ったというのは、なかなかに刺激的な話に感じる。


人は、どうしてもやりたいことではないことにも手をつけるし、結局諦めたりもする。

どうしても諦めずやり続けたいことかどうかは、もちろんやってみないとわからなかったりする。


ただ、やり続けたらどうにかなるんじゃないかな、諦めて止めなくてすむんじゃないかなと「諦めない力」が使えるかどうかは、信じる力こそを持っているかどうかにかかっている気がします。


全ては理由も根拠もなく運命のようなものですが。


NTTレッスン

posted by take at 22:41| 活動報告