2019年02月16日

調和するな


今回のアンサンブル学内コンサートは、大学生だけでなく付属高校生とのジョイントとして企画した。

今高校にはトロンボーン専攻生が9人もいるのだ。

初めての試みは、おおむね成功。大学の教授、高校の校長並びに先生方からも、その意義を語る言葉をいただけた。


僕は彼らの演奏を聞きながら、例年とは違う希望を持つこととなる。

いつもなら調和の不備や全体の流れ、奏法的なことが気になって彼らに講評として伝えるのだが、今回は全く違うことが物足りなさとしてわいてきたのだ。


それは表現力の幅であり、演奏家としての大胆なスタンス。そして言い方は変なのだが、


調和してなさの欲求


もっと一人一人に際立って欲しく、終には


「同じ旋律の受け渡しでも、違うように吹いても構わないから。とにかく自分だけが感じたことを、余すことなく音にのせて放って」

とまで言っていた。


来月8日の学外で、彼らの演奏がどこまで変わり、どうなってしまうのか。

彼らを信じきっている僕としては、楽しみでしょうがないところだ。


アンサンブル学内コンサート

posted by take at 19:48| 活動報告