2019年02月06日

ハードロゥカ


大学生なんかがよく

「あー、もー二十歳ぃ、おばさんになっちゃったー」

などとほざく。


「君たちね、まだまだわかぞー、なんならチビッコ」

「えー、でもぉー、肌の艶とか、高校生とちが牛〜〜、おばさんだよねぇ私たち、おばさん」

「あのなー、たいがいにしなさい。全然思ってないくせに。本当に口からたわごと大放出サービスまくりだな。本当のおばさんに失礼だぞ!!」


という会話がなされる。気がつくと僕も失礼なやつに成り下がらされているわけで、口から娘あ〜恐ろしや。



40過ぎのアマチュア演奏家(男)の発言。


「いやあ最近、頭ではわかってるのに違う指押してたりして。老化きてんですよねー」

僕も知ってる彼がそう言ってたというのを聞いて、思わず


「早くね?」


とつぶやく。やっぱり老化を語りはじめていいのは、40半ばからでしょう。


「本物の老化っちゅうのは、そんなに甘いもんじゃない。レベルが違う。老化をなめんじゃねー!!こちとら老化のプロで、何年老化やってると思ってるんだ」


と言ったら爆笑が起こったが、なぜだかひゅるひゅるぅ〜と風が吹き、ハヒホへ〜と沈んでいく自分がいるのでした。



楽聖たちよ、そのときがきたら今の君たち同士で、嫌でも傷の舐め合いならぬ老化のなめあいトークが満開になるんだから、今からあんまり小出しにして戯言放出しないで、自らの高機能高性能と、何より低内容話を思う存分楽しんでおきなさい。


え?だからしてるじゃないですかって?


くそーーっ!!


レッスン

posted by take at 12:52| 活動報告