2019年02月04日

肌色&オレンジ


人生において、担々麺を楽しんだ延べ時間がある一定量を超えたのだろう。

Facebookで人が投稿している写真、スクロールし登場するどんぶり上の肌色とテカるオレンジのまだらが見えた瞬間


嗚呼、担々麺か………いいなあ


お腹いっぱいでも思ったりする。


だが、先日お気に入りの店の担々の味がかなり変わってしまっていたのは落胆した。落胆々麺。

ドロドロのゴマペースト感がストロングになっていて、食感含め濃厚路線を強調したのだろうが、僕にはちと濃過ぎ。

たった今Facebookで見た、あの人が食べたやつが見るからにバッチグーであり、彼が憎らしく思えてくるくらい。

淡々としていられない、僕の胃袋がそこにあります。


川越へ

posted by take at 19:47| 活動報告