2019年01月22日

二日間の活動と自分


今回の学校コンサートは小学校が三校、中学校が一校。実はトロンボーンとピアノだけでは初めてだった。

今までたくさんやってきたアウトリーチは、ほとんどが金管五重奏を中心とした室内楽だった。

やるメンバーも大半が気心知れている尊敬できる仲間とのものだったので、もちろん楽しんで取り組んできたのだが、今回のアイテムはその中でも更に喜びの大きいものになった。


なぜだろうと感じてみる。


オーケストラに取り組むのは、素晴らしい作品を素晴らしい演奏にして楽しんでもらうというのが目的になる。教育は演奏の向上を手助けすること。アマチュアとのものは、彼らにオーケストラ体験を楽しんでもらうこととなる。


アウトリーチは低年齢の子供たち、また若者たちに演奏と出会い、音楽を好きになってもらうというのが主眼。

アンサンブルなら演奏内容はもちろん、各楽器の多彩さを感じてもらうことも目的達成のパワーになるが、今回のアイテムでは、ピアノに助けてもらいながら、とにかく自分の音と音楽性だけで、これから先の人生と音楽の密接度に責任をもつことになる。

実は小さい子供になればなるほど、ジブリやグリッサンドを駆使し、馴染みとユーモアで攻めるのは正攻法だ。

しかしそれだけでは、彼らの未来に影響を与える力はそれなりでしかない。

なんか楽しい時間だった……で終わる可能性があるのだ。

実はリサイタル以上に全身全霊で音楽表現に取り組み、楽しいものだけでなく、美しいもの、暗いもの、高品質なものを示すことで


演奏の印象と、それに取り組む人の印象


というものを残し、感動への道筋の現実、その一端でも目の当たりにしてもらい、成功を収めなければならない。

今回選んだサンサーンスやカーナウ、フォーレやピアノソロによるブラームスは、おそらく小さい子どもたちに何か残せたのではないかと思っている。


この高きハードルからのやり甲斐は、僕に並々ならぬ集中力とチャレンジ精神をもたらせてくれた。

彼らの表情は、僕の生きざまの通信簿のようだった。


正直、自分の性分にとてもマッチしているアイテムだと実感。高い満足感とともに徳島を発つことができた。


徳島にてアウトリーチ

posted by take at 20:24| 活動報告