2019年01月11日

本当に必要なもの


今持っている技術は、君の表現したいこと、そのレベル、意欲の分だけであり、それ以上ではない。

ふと、そんな言葉が浮かんだ。



ルーベンスの、巨大なエネルギー、強靭な力強さを放つ意欲と、やはり大半の画家とは一線を画すその画力に圧倒され、へとへとになりながら美術館を出る。



技術は大事だ。高い技術。

高い技術とそこまででもない技術は、客観的に見ると結構差がわかってしまう。0コンマ何秒差でも、横からゴールを見つめるとはっきりと順位がわかってしまうように。


しかし、表現したい内容、どれくらい伝わりたいかの量、その性分ともいえる本人にとっては当たり前の意欲が人並み外れていることは、やはり技術よりも先にもちあわせているべきものだと理解しなければならない。

その希望の内容こそが、それこそ人並み外れた技術の修得へと繋がる唯一の種であり、意欲がエネルギーを燃やす燃料である。

さほどのことを表現したいわけではなく、更に意欲も希望もたいしたことないのに、技術だけ学ぶことに、どれだけの価値があろう。

まあまあ美味しいものを食べて、心から「美味しい」と満足できてしまう人には、その料理をそれ以上に美味しく仕立てる力はないように、それより高い技術とは、その美味しさでは満足できないことが当たり前の人にしか宿らない。


ルーベンスの後に、他の画家の同じ題材の絵を見たとき、今まで感じたことなかった、画力の低さ、技術の稚拙さを感じる瞬間もあった。


みんな、足りないのは努力じゃない。足りてないのは理想だ。


大塚へ、聖徳吹奏楽練習
マーラーの一番のフィナーレは、ルーベンスの世界、『聖アンデレの殉教』だなと音が廻った。

posted by take at 16:26| 活動報告

2019年01月10日

まずは名前から


婚活パーティーとは、結婚が「来ん活」ともとれる。それならこっちの方がよくね?


『とんかつパーティー』
とんとん拍子に話が進むっ!

『ぎゅうかつパーティー』
抱きしめ合える日のもすぐそこだ!

『チキンかつパーティー』
チャンスは近くに!

『メンチかつパーティー』
メンズにはチャンス到来、いいメンズに会えるチャンス到来!

『串カツパーティー』
来幸かつぅ!

『キスかつパーティー』
Kissはすぐそこ!

『チーズかつパーティー』
チューはずっと永遠に!

『マグロかつパーティー』
マばゆいばかり、うぇでぃんグぱーじんローど!

『ハムかつパーティー』
Happy mood!

『アスパラかつパーティー』
明日はパラダイス!

『レンコンかつパーティー』
私も続いて結婚よ!

『なすかつパーティー』
独身時代に思い残すことはなす!

『しし唐かつパーティー』
幸せにしとう!幸せにしとっと!

『うずらかつパーティー』
生まれてからずっと、出会うべきはあなたらった!

『しいたけかつパーティー』
幸射多慶!

『玉ねぎかつパーティー』
たくさんの周りの妬みをエネルギーに!

『エビかつパーティー』
え〜〜ビビっときたからぁ!

『串カツ田中パーティー』
来幸多仲!


川越へ

posted by take at 10:30| 活動報告

2019年01月09日

個性への道筋 その2


年末にとある教育者の方から頂いた手紙の中に、このような一節があった。


「教育の世界ではアクティブラーニングなどといって、生徒同士が対話をして学ぶやり方をもてはやす動きもあります。また、学校ではどの先生に習っても差がつかないように、教えるべきカリキュラムを整えるようにしないと苦情が出たりします。でも、本当に若者が成長の糧を掴むのは、生身の大人に接する事なのだろうと痛感します。ただし、魅力的に生きている大人。AIだけでは教育はできないだろうとの確信があります。
誰が魅力的な大人であるか、というのは人によって、時によって違ってくるかもしれません。ちょうどよい時期に、ちょうど良い距離感での出会い、ということも影響するかもしれません」


「人との出会こそ真に貴重なもの」という言葉は、他の教育者の方からもよく聞きます。

若いときに、素晴らしい大人と出会えることは何ものにも代えがたい人生の宝だろうし、それに恵まれなかったら本当に残念なこと。


その「出会い」の価値を充分に理解し、深く考えたとき、若き学び人にとって


素晴らしい演奏との出会い


の必要性を強く感じる。そして更に、


自分の性分ともいえる趣向


これは内在しているのだから、出会うもなにもと思うかもしれないが、この「本当の自分と出会う」とも言えることが、真に価値ある個性への道筋として不可欠だと思う。


実は出会えていない若者たちが、何気に多いのだと気づいてきました。


大塚へ、聖徳吹奏楽練習

posted by take at 20:22| 活動報告

2019年01月08日

人と風景


自然を描いた風景画は、それだけで素晴らしい魅力が感じられるものだと思った。

なぜなら自然とは、普段そこから隔離した中で生活しがちな私たち人間にとって、その存在が既に特別なものとして際立っているから。

美しい空の青も、海の碧や木々の緑も、刻々と色を変え、夜の闇の中では見えなくなってしまうこと自体も、日々の時間の中で決して安定して見続けられるわけではないというままならなさで彩られている。


『ロマンティックロシア』とタイトルがついた美術展は、とても楽しめた。大半の絵を気に入ることができ、時間をかけて見つめることができた点では、今まで体験したものの中で一番だと思う。


その風景の描き方は、画家の自然を見つめる眼差しが、憧れともいえる特別なものを見つめており、そして心からその色たちを愛でているのだろう、そんな絵の具の積み重なりに見えました。


川越へ

posted by take at 19:54| 活動報告

2019年01月07日

個性への道筋 その1


個性とは、他の人と比べた特徴を指すのではなく、その人の性分の際立った部分が一定量超え、魅力として強調されていることを言うことのはず。

周りとの比較論ではなく、個人の輝き方を絶対評価したもの。

つまり「他の人と違うことを」「既存にないものを」というのは、個性の確立に必要なプロセスとして、根本的に意識の場所と向きが間違っているのだと思います。

そこを勘違いすることが不毛なだけでなく、自分の性分がどのようなものなのかを理解し、その譲りたくない希望を徹底的に追及するという、本来の個性の確立への道筋がぼやけてしまうことは、最もつまらないことだと言える。

クォリティを上げるにしても、横並び的感覚は見失う危険性の高いものとして認識すべきだし、生徒こそが自分自身の趣向とガッツリ向き合うよう、教育も個人個人隔離された要素が必要。

僕自身の教育スタンスを大いに反省し、これからの生徒一人一人が、まさに独立した姿でその存在が際立つように導きたい。

そして、個性的な彼らの真価こそが輝き、周りから高く評価されるように、レールを作りたい。


休日

posted by take at 22:33| 活動報告