2018年12月23日

カッキーン☆なんだね!


亀田の柿の種を食べたことがない国民って、どのくらいいるのだろうか?浅く悩んでしまう。

自分で買わなくても、学生時代の宴会つまみからはじまり、ケータリングや簡易パーティー等、何かと登場してくる。

天皇皇后両陛下も召し上がられたことがあるのではないかと思うが、検証は難しい。


そんなメジャーリーガーだが、かつてはスタンダードな商品一種類だった。

あるとき『梅しそ味』なるものが店頭に並び、嬉々として購入。「やっぱり梅しそ好きだなあ〜」と言って喜んでいるうちに、いなくなってしまう。

「ありゃ、期間限定だったのかっ…」

と悔やむがとき既に遅し。


あるとき『わさび味』なるものが店頭に並び、嬉々として購入。「やっぱりわさび好きだなあ〜」と言って喜んでいるうちに、いなくなってしまう。

「ありゃ、期間限定だったのかっ…」

と悔やむがとき既に遅し。


その後、いろんな味が試作マーケティングよろしく登場しは消え、現在はスタンダード、梅しそ、わさびが終身雇用のように残った。


で、喜んで食べ分けたりしてたんですが、そうすると


「やっぱり、普通のやつが一番美味しいなあ」


となってきました。

なんかね、本当に神の出逢いとしか思えない、三日月醤油せんべいとピーナッツ。その本来の感動が、やはり一番ハイブリッド感と中毒性があるかなあと。


まあ、年末に国内外であらゆるもの食べて、で話題が柿の種かよって、

やっぱりイチロー、松井、大谷、で亀田のコレなんです。


ブロカート

posted by take at 14:43| 活動報告