2018年12月21日

たとえどう変わっても


今DVDで観ているドラマがかなり面白いのですが……

ヒロインの状況なかなかに悲惨で、いつか救われる日を夢見てこちらも見続けているわけです。

資産家の娘、高校生の頃は明るく純粋で好きな相手一途。相手もこの娘が好きだが訳あってそう表明できず、よって一緒にはなれず。だが15年後に再会したときは、彼女は家の陥落からの貧乏生活、父親も死に追いやられ、借金の取り立てやとして人間が変わったように(本当は変わっていない)きつい言動からの、すさんだ生活を送っている。ノー笑顔。そんな彼女を、彼は物凄く傷つきながらも、黙って見つめるしかない……


もちろん作り話だが、年月が経つと状況が変わるというのは現実と一緒。

実は、若いときから年をとるまで、あまり状況に変化が無い人の方が少ないんじゃないでしょうか。

あんなに企業家として栄華を極めた人は今は塀の中。スポーツの世界でも、相撲界は数年前とはまるで違う見え方、フィギュアのように次から次へとニューヒロインとなると、現在がいつまでキープされるのか不安になるほど。

年齢を重ねて、結果うまくいっている人、具合が悪い人。思い返してみたら、若い頃は皆可能性の宝庫として、同じように扱ってもらっていたし、ある意味自由に平等に生きられていた。


これまたドラマの台詞。ある二人の女性の会話。

「恋愛ですか?私は相手の幸せを本気で願えるくらいの気持ちになれないと、恋愛はできないかなあ」

「…私のこと軽蔑してるでしょ?」

「え?」

「不倫……」

「あ、いや…」

「私も前は不倫なんてあり得ないと思っていたし、している人を軽蔑してた。でも気づいたらこうなってて。なんでなんだろうって。自分の気持ちって、自分の思い通りにはならないのよね」


自分の気持ちは確かに思い通りにならないことはあるが、そうでないときもある。

そして老いていくこと含めやはり状況は変わるものであり、それこそ希望通りか、想定内か、想定外か、それどころではなくなっているか、今は本当にわからない。

それでも、変わることは変わる。


変わった状況を受け入れる勇気と、どうなったとしてもそこから一ミリでも上がっていける。これからも過去にしがみつかず、未来を見つめられる気力を持って生き続けたいと願うばかり。


休日

posted by take at 17:21| 活動報告