2018年12月17日

家が一番


嘉門達夫御大の名曲のひとつ、『家族旅行』


家族旅行から帰ってくると お母さんは必ず言うのさ

「やっぱり家が一番ね」

ほなはじめから旅行行くな!!


わかるよ、わかる。散々歩き廻って、夕方一回ホテルに帰ってきて、一時間くらい寝てエネルギーチャージからの夜の戸張に再び向かおうと。

くったくたになって一度帰ったホテルのベッドにたおれこんだ瞬間の僕は、同じ発言を。

「やっぱり家が一番や!」

い?家??と思ったアナタ、僕は最近旅先でも、ホテルのことを「一回家へ帰ってから」なんて言ったりする。沖縄の常宿なんかも。


若い頃は、散々動き廻って休む間もなく夜遅くまで飲み食い。ホテルは寝るだけ。ただのベッドだった。

今は、ホテルでの時間も大事にしながら観光をしたり仕事をしたり。家のようにくつろいで、外での時間も楽しみきります。


今回の釜山のホテルもいい感じに快適。素敵な我が家です。


釜山の旅

posted by take at 18:34| 活動報告