2018年11月15日

ノセダ賛


ノセダがやはり凄く、そして素晴らしい。

2012年から思っていることだが、あんなに興奮して、そしてあんなにきちんと振れることは驚愕でしかない。

右脳と左脳の両方を、どちらを優先するわけでなく、分けてどちらもフル稼働させることができることの特別さ。


とにかく演奏はテンションが高い。そしてそれが嫌ではない。客席からの声では、オケのサウンドも荒れることなく、それどころかとても良い音だと。

ストラビンスキーやマーラーなんか、とても良さそう。もっと共演してみたい。


非日常の瞬間が多いことこそに価値を感じるということは、普段のN響の素晴らしいやり口、音の立ち上がりや瞬間の数々が、定番の枠にはまっているとも言える。それが充分に価値ある創作だと知っていても。


特別な情熱でありたく、それを音に込め感じてもらいたい。その強き思いで完成度を目指す人というのは、やはり賢いだけではない、愛と情熱が混ざり一体化したような強い感情の塊の持ち主か。


音楽はやはり素晴らしく、それを作り得た人間は、真に見事な生き物である。


川越へ、N響定期

posted by take at 11:27| 活動報告